産業廃棄物処理

資源の有効活用の促進のため、廃棄物の無害化処理や有価金属の回収、加工、製品化など、環境リサイクル事業を展開しております。

クリーン&リサイクル

難処理物を無害化できる焼却設備

高温熱分解処理法

月間5,000トンという処理能力を有する焼却設備本体は、ストーカ付きロータリーキルンを採用し、廃棄物を完全燃焼することにより無害化します。完全燃焼を確実にするために二次燃焼炉を設置しています。

焼却炉(クリーンZ炉)

100年の歴史で培われた金属製錬技術

高温溶融処理法

金属類を含むスラッジなどに適切な溶剤を加えて、1,500度の高温で加熱溶解し、銅や金・銀などの有価金属を回収する。100年以上の歴史に培われた「非鉄金属製錬技術」を活用し、極めて安定した操業を継続しています。また、社会的溶融ニーズの高いアスベスト(廃石綿)について、スラグに高温溶融しやすい性質を活用し、安全・無害化処理を行っています。

溶融炉(リサイクルE炉)

二次廃棄物0

原材料の再生資源への代替、副産物の有効活用、廃棄物の再資源化など、天然資源の枯渇防止や廃棄物の削減に努めています。非鉄金属製錬によって培われた技術を活かして、廃棄物から有価金属を回収しているほか、廃油・廃液などを適切に処理し、再資源化や無害化を図り、省資源でゼロエミッション社会の実現に努めています。

ゼロエミッション社会

無公害操業をめざして

クリーン&リサイクル事業最大の目的は、資源リサイクルと産業廃棄物の完全無害化処理ですが、もうひとつ、当社が最新の注意を払って取り組んできたのが「無公害操業」です。
当社の技術は世界最高水準にあるものと自負しています。

無公害操業

一世紀で培われた「非鉄金属リサイクル技術」

1905年(明治38年)12月、創業者・久原房之助は赤沢銅山を買収し、日立鉱山として開業しました。これがJX金属グループの創業です。これは、工業都市・日立市の発展の原点であり、また茨城県の近代鉱工業の発祥でもあります。 日立鉱山は、開業まもなく日本を代表する大銅山へと躍進し、以来、1981年(昭和56年)の閉山までの76年間、わが国の近代化と経済成長に寄与してきました。そして、その事業は、時代の要請に対応し形を変えながら、現在のJX金属グループに引き継がれています。

開業当時の日立鉱山

処理可能な廃棄物一覧

産業廃棄物

溶融炉

    • 燃え殻
    • 汚泥(無機汚泥に限る)
    • 金属くず
    • 鉱さい
    • ばいじん
    • ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(石綿含有産業廃棄物を含む)
    • (特管)燃え殻
    • (特管)汚泥
    • (特管)鉱さい
    • (特管)ばいじん
    • 廃石綿等

焼却炉

    • 廃酸
    • 廃アルカリ
    • 廃油
    • 汚泥
    • 廃プラスチック類(石綿含有産業廃棄物を除く)
    • 紙くず
    • 木くず
    • (特管)廃酸
    • (特管)廃アルカリ
    • (特管)廃油
    • (特管)汚泥
一般廃棄物

溶融炉

    • 焼却灰
    • ばいじん
    • (特管)焼却灰
    • (特管)ばいじん

※ 廃棄物中の金属量(銅・金・銀など)に応じて有価にてお取り扱い出来る場合がございます。

アスベスト(廃石綿)無害化処理の技術を持っています
処理を他人に委託する場合に必要なマニフェストに対応しています(産業廃棄物管理票)